バイアグラで股間と気持ちを元気にしよう|通販での購入も可能

後発医薬品という選択

白と緑の錠剤

個人輸入代行サイトを利用することで、病院へ行く必要がなくなります。手間も時間もかかりませんし、誰にもEDで悩んでいることがバレませんので非常に便利です。
ただ、個人輸入代行サイトを利用することの魅力はそれだけではありません。
というのも、個人輸入代行では、新薬のバイアグラのほかにもジェネリック医薬品も取り扱っています。こうした医薬品を選択することで、より薬代を抑えることができます。

日本の病院でもバイアグラのジェネリック医薬品は取り扱われていますが、個人輸入代行を利用することで診察料が発生しません。しかも、海外の医薬品というのは日本に比べて安いです。

ただ、ジェネリック医薬品は安いと言っても、バイアグラの効果よりは劣るのではないか?名前も知らない薬だから安全性は保証されないのではないか?と思っている方も居るでしょう。
そこで、ジェネリック医薬品について簡単に説明します。

ジェネリック医薬品というのは後発医薬品とも呼ばれています。バイアグラは新薬と言われ、莫大な研究費用と期間がかけられた上で開発されました。新薬が発売される際には、一定期間独占して販売できる権利が与えられますが、期間が過ぎると他の製薬会社も製造販売ができるようになります。こうしてつくられたのがジェネリック医薬品(後発医薬品)となります。研究費用や時間も費やされていないので低予算で開発ができ、その分安い金額で提供できるということです。
もちろん、同一成分で製造されているということで、得られる効果や用法用量、副作用は同じです。違う点と言えば、金額と見た目です。
ブランドにこだわるという方は新薬のバイアグラを購入し、特にブランドにはこだわらないという場合にはジェネリック医薬品を選択すると良いでしょう。